ホームページへ

ギャンブル関係のみなさまへ


日本共産党が勢力を伸ばしたり、議席を増加させたり、政権与党になったりしたら、ギャンブル関係の方はたいへんです。なぜならば、日本共産党は、公設ギャンブル施設には反対していますし、ギャンブルへの規制を推進しています。


そもそも日本共産党は、ギャンブル自体を否定しています。日本共産党は、エンゲルスというマルクスの盟友の著作である『人間が猿から進化するにあたっての労働の役割』にあるように、「労働」に特別の価値を置いています。日本共産党は、労働を介せずにお金を得るギャンブル、さらには株生活者、家賃生活者なども批判しています。

そもそも共産主義の人間分析には深さがないと言われています。マルクス、エンゲルス、レーニン、さらには日本共産党などの文献には人間についての深い考察が少なく、人間分析が不足していて、政治権力の獲得などについての論説が多いです。

日本共産党の勢力が大きくなると、ギャンブルへの規制が強まります。そうなると、ギャンブル関係者の収入が減ります。


みんなで力を合わせて、日本共産党の政権入りに反対しましょう。


民主青年新聞の記事より(ギャンブルを完全に悪として否定)
2016年12月26日(月) 3面


カジノ反対・山下ふ頭は憩いの場に カジノ誘致反対横浜連絡会が学習会

(2017年11月16日夜 横浜市従会館講堂でカジノ誘致反対横浜連絡会が学習会を開き、32人が集まりました。

日本共産党と関係が深い自由法曹団神奈川支部長の森卓爾弁護士が講演、日本共産党の畑野君枝衆院議員が参加し、あいさつした。

日本共産党が普及をめざしている地方政治新聞「新かながわ」2017年11月26日号 第2429号 一面より