ホームページへ

レッドパージ反対全国連絡センター


日本共産党から、7月15日に24万円、11月18日に10万円の金額を受け取っている。(平成27年度)


レッドパージとは、1949年から数年間、日本を統治していたアメリカと日本政府が、暴力による革命路線を採択し、日本各地で、火炎瓶による交番襲撃、地主への暴行などを繰り広げる日本共産党を非合法化し、職場などから追放した事件です。日本共産党は、その後、数々の暴力事件は日本共産党の分派が勝手に行ったものであり、日本共産党とは無関係と主張。職場を追放された日本共産党員に、日本政府は謝罪するように迫っている。戦後有数の人権侵害事件とも主張している。しかし、私たちは、戦前、戦中、戦後すぐの、日本共産党員による、多数の死者を含む暴力事件を忘れてはいけない。