ホームページへ

日本共産党は労働者の党であると自らを主張しています。

日本共産党中央委員会が出版している雑誌である『月間学習』2012年2月号に、国勢調査に基づいて、日本の階級構造を分析した記事があります。

それによると、資本家階級(個人事業主・会社役員と管理的職員・管理的公務員)と軍人・警官・保安サービス員を労働者階級の仲間から除外しています。残りの人たちを、みんなと呼んでいます。日本共産党は、資本家階級と軍人・警官・保安サービス員を除外して、自分たちをみんなの党と強弁しています。



以下は、『月間学習』2012年2月号の記事「日本の階級構成はどうなっているのか 2010年の国勢調査をもとに 羽田野修一」です。